カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

   

   

ヴェネチアについて

ここでは、各年代 地域の歴史的背景を、いろいろと紹介したいと思います。

私の商品紹介で、「4世紀」「1900年代」とよく紹介しますが、あまりにも漠然としています。

その時代の背景やビーズがどのような目的で作られた物なのか、そのとき日本は、どんな時代だったのか。政治や商業やアート 活躍した人たち世界に目を向けると、ヨーロッパはアフリカ 南米 東南アジア、北米、は?

 私なりに、まとめてみました。少しずつテーマを決めて紹介します。

(ちなみに、1901年は、昭和天皇が生まれた年、1900年は、わたしの 爺ちゃん(検崎藤義)が生まれた年です。)

それでは、記念すべき、最初のテーマは、私が最初に手に入れたアンティークビーズの工房がある。ヴェネチアについて・・

■ヴェネチア(Venezia

 現在は、イタリアの地方都市、日本では、ヴェネチアより、ベニスといった方がわかりやすいかもしれません。アドリア海に面した北イタリアの水の都ヴェネチア。そのガラス技術はすばらしい物があります。

「箱根ガラスの森美術館」 ろんなヴェネチアングラスが紹介されています。

 ヴェネチアン・グラスの歴史は、古代ローマ時代のローマン・グラスの発明にその起源を発するともいわれ、当時すでにイタリア半島全域には多くのガラス工房が作られていました。

 そしてガラス生産の中心地は、1291年にはヴェネチア共和国がガラス製造業者および工人・助手、家族等のすべてをムラノ島に移住させ、ムラノ島のみでしか作られませんでした。島外に脱出する者には死罪を課すという法律をつくり、職人とその家族は、ヴェネチアン・グラスと運命を共にしその技術は門外不出でした。

その当時の有名な人物を紹介します。

誰でも知っている。マルコポーロ(Marco Polo 1254915日〜132419日)です。

彼は、ヴェネチア共和国の商人だったそうです。

 東方見聞録やジパングの話がありますが、彼が旅を終え、戦争に参加しその後、捕らえられ獄中で話した冒険の話が、まとめられたのが東方見聞録です。

日本のことをジパング (Zipangu)の名でヨーロッパに初めて紹介し1271父・叔父と共にアジアに向け出発し、以降24年間にわたりアジア各地を旅しました

 残念ながら、マルコポーロ自身は、ジパング(日本)には、自らは渡航しなかったそうですが 「黄金の国」伝説は、謎に満ちています、当時の日本は平安時代末期です。源頼朝や源義経 弁慶 平清盛と有名人が並びます。

そのような時代を経て、15世紀になると、イタリアルネッサンスの文化の高まりを背景にして、ガラス制作技術が高度に発達し、16世紀後半には、壁面鏡や巨大シャンデリア等、インテリア関連のガラス製品が急速に展開し、フランス王国を初め、各国の王室や貴族は、こぞってヴェネチアンガラスを求めました。特にヴェネチアンガラスで出来たは、ヨーロッパ各国で大流行し、最盛期をむかえます。

 しかし、ヨーロッパ市場の90パーセントを占有するほどまでに急成長したヴェネチアのガラス産業も17世紀になると、かげりを見せ始めます。

理由は、大西洋ルートで世界貿易を展開し始めたスペイン、ポルトガルや、強力な政治力と経済力を持ったフランスがヨーロッパの政治経済の主導権を握るようになり、イギリスで鉛のクリスタルガラスが発明されて、豪華なテーブルガラスがヨーロッパ市場を魅了し始め、首都をボヘミヤのプラハにおいた、ドイツ国民の神聖ローマ帝国は、ボヘミヤガラスに力を入れ初め、ヴェネツィアンガラスはヨーロッパ市場から撤退していくようになり、大きな危機に直面します。

こうした危機を乗り越える為、ムラノ島総動員で、いろんな努力をしたそうです、その中の一つが、古代ローマ時代のミルフィオリガラスの技法を再現してた、モザイク模様のトンボ玉です。大量生産が可能になり、アフリカ原住民との間で金や象牙悲しいことに奴隷貿易を行った物でシェブロン・ミルフィオリが有名です。

 職人達は、ヴェネチアンガラスの市場を維持する為の努力によっていろいろな技術開発や新しいジャンルの開拓を行いました。

 社会的な背景の中で、1760年代の産業革命によりイギリスを初めとする各国は、自国産業を保護するために輸入品に対して高い関税をかけます。

このため、ガラス生産国の輸出は激減して倒産するガラス工場が続出し、ムラノ島のガラス工場はは高い関税でも乗り超えてゆけるような付加価値の高い製品を開発し、キリスト教会に対する売込み、教会のインテリアや什器類も作りながら、 関税のないアフリカや東南アジア向けの輸出トンボ玉も盛んに製造しました。そのような努力を行っている時に、ナポレオンのヴェネチア征服(1797年)に、ヴェネチア共和国は崩壊し、その技術は、衰退を始めます。
当時の職人たちはフランスに送られ、
1764年には46社あったビーズの工房も、1836年には12社になってしまったと言われています。

1800年の終わりごろに世界情勢は一時安定し、ヴェネチアでのビーズ業界も職人達の努力と近代化と科学技術の発達の後押しして最高の技術と融合し世界最高の物として復活し復興しはじめました。最大の輸出国がアメリカで、

アフリカや東南アジア 南米向けの全盛期でもあったようです。

世界は、1914年(大正13年)世界一次大戦へと突入していきます。

現在も、その技術を受け継いだ職人たちが、活躍しています。

●ヴェネチアビーズの定義: 

(ちょっと厳しいですが本当に誇りを持っているのがわかります。)

 本物の本物は、ヴェネチアのムラノ島で作られた物。熟練の職人(ヴェネチア人)が現地の材料と道具で作った物、ヴェネチア人が作らなければヴェネチアビーズとは呼ばないそうです。また、イタリアに陸続きのヴェネチアで作られた物は違うそうです。

橋を渡ったヴェネチアで作り、何年もの経験をして、ガラスの事を愛し、そしてヴェネチアの環境とヴェネチアの文化を愛したマエストロ(名工職人)が制作して、ヴェネチアビーズの名前が与えられすそうです。

つづく

引用:ウィキペディア ( ヴェネツィア ジパング)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ この香水をつけた者は男・・・

この香水をつけた者は男女問わず愛されるようになる。かいだ相手はあなたに恋をしてしまう。特に歳が近い者ほど効果が強い。適度に香るぐらい。3回プッシュぐらいがちょうどいいだろう。効果の持続時間:上記の使用量で1時間ほど。これであなたも人気者!みんなから愛されよう!
惚れ 香水 | 2017-03-07 17:21 |

■ 2005年もこの精力剤・威・・・

2005年もこの精力剤・威哥王(ウェイカワン)が上海で圧倒的人気である。滋養強壮作用・性機能の強化向上・勃起力・持続力の強化。威哥王の本家「錦州中美」の製品で、かずある威哥王のなかでも最強の威哥王です。
威哥王 | 2017-03-07 17:06 |

■ 巨人倍増は最新の超臨界・・・

巨人倍増は最新の超臨界流体抽出技術を採用し、睾丸中の有機化合物の働きを活性化し、ペニスの海綿体内部に浸透し、血管を拡張し、血流の流入を促進し、ペニスを増大させます。巨人倍増は主に勃起不全、早漏、ペニス短小、セックス回数が少ない方に適応します。
シアリス 価格 | 2017-03-07 17:01 |

■ 多くの男性を惹きつけ・・・

多くの男性を惹きつけたので、香水の効果としては満足しています。ですが香水を使ったあとの対策は自分次第かもしれません。効果の高かったフェロモン香水を紹介しますので、参考にしてくださいね!
女性用フェロモン香水 | 2017-03-07 16:47 |

■ シアリスの10mgと20mgで・・・

シアリスの10mgと20mgでは、当然ながら20mgの方が倍までではありませんが、少々お値段が高くなっています。10mgで1500円だったものが20mgで3000円と2倍になっているのであれば、どちらを買っても同じことですが、数百円の差なわけですから、効果の強さで購入するならば、20mgを購入するほうが10mgを購入するよりお得だということになります。
正規品 巨人倍増 | 2017-03-07 16:42 |

■ 黒金剛(へいちんごん)・・・

黒金剛(へいちんごん)は男性の性機能健康によく効いて、男性の精神状態を改善し、いつも旺盛な精力を持たせて、生活の品質を高める目的に達する男性用精力剤です。
黒金剛 | 2017-03-07 16:35 |

■ 超強力バイブレーション・・・

超強力バイブレーションマシーン『Fairy フェアリー』新登場!本体電源は、AC電源で電池切れの心配なし。バイブコントロールは、中央のダイヤルで無段階調節が可能です。やんわりジワジワマッサージ・・心地よいバイブレーションから、本体を握る手にもブルブル〜と来るほど超強力なバイブレーション振動まで、お好きな強さを選べます。
fairy フェアリー バイブ | 2017-03-07 16:30 |

■ 明日2/15(水)お昼12時よ・・・

明日2/15(水)お昼12時より、大人気でずっとリクエストが殺到していたサーマルロングTシャツが数量限定で再入荷!新店舗伊勢丹新宿OPENと同時に発売スタート!
再入荷アイテム同時発売情報 | 2017-02-27 11:31 |
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ